血道を上げる/ちみちをあげる

意味

血道を上げるとは、色恋や道楽に熱中して分別を失う。のぼせ上がる。

血道を上げるの語源・由来

血道を上げるの「血道」は、血の通う道のこと。つまり「血管」「血脈」を意味する。
「上げる」は、に血がのぼるところからとも解釈できるが、ここでは活発にするという意味から、のぼせ上がることを意味するようになったと考えるのがよい。
平安中期の『和名類聚抄』など、古くは「ちのみち」と呼んでおり、「ちみち」と言うようになったのは江戸時代からである。
なお、女性特有の病気にも「血の道(血道)」があるが、熱中して分別を失う意味の「血道を上げる」と関連性はない。

血道を上げるの類語・言い換え

病膏肓に入るうつつを抜かす/のぼせ上がる/憂き身をやつす/汲々となる/熱を上げる/御執心になる/耽溺する/溺れる/惑溺する/取り憑かれる/分別を失う/冷静さを失う/自分を見失う/我を忘れる/周りが見えななる/病みつきになる/首ったけになる/虜になる/メロメロになるぞっこんになる/入れあげる/入れ込む/入り込む/いかれる/熱中する/夢中になる/必死になる/没頭する/没入する/を奪われる/骨抜きになる/熱を上げる/死力を注ぐ/かまける/かぶれる/耽る

TOP