白羽の矢が立つ/しらはのやがたつ

    意味

    白羽の矢が立つとは、多くの中から犠牲者として選び出される。多くのの中から特別に選び出される。白羽が立つ。

    白羽の矢が立つの由来・語源

    白羽の矢が立つは、への供え物として人間を捧げる「人身御供(ひとみごくう)」に由来する。
    神の生贄として差し出される少女のの屋根には、目印として白羽の矢が立てられたという俗信があった。
    そこから、犠牲者として選び出されることを「白羽の矢が立つ」と言うようになった。
    現代では、犠牲者が選び出されることの意味が薄れ、「次期社長候補として白羽の矢が立った」など、多くの中から抜擢されるたとえしても使われる。

    抜擢の意味が含まれるようになったことや、矢は的に当てるものという連想から、「白羽の矢が当たる」と表現されることがある。
    しかし、上記の俗信に由来するため、「当たる」とするのは誤りで、「白羽の矢が立つ」が正しい。

    コチラもおすすめ

    TOP
    テキストのコピーは禁止しています。