尻馬に乗る/しりうまにのる

意味

尻馬に乗るとは、無批判に他人の言動に便乗して軽はずみな行動をする。のあとに続き、調子に乗ってその真似をする。尻馬に付く。

尻馬に乗るの語源・由来

尻馬とは、他人の乗っているの尻(後部)。また、前を行く馬の尻のこと。
つまり、尻馬に乗るは、他人が手綱をとる馬の尻に乗ったり、前を行く馬についていくことで、人任せにした状態を表す。
そこから、他人の言動に便乗して行動することや、調子に乗って真似をすることを、「尻馬に乗る」や「尻馬に付く」というようになった。

尻馬に乗るの類語・言い換え

尻馬/尻馬に付く/尻に付く/尻に立つ/尻舞/尾に付く/付和雷同/付和/雷同/便乗/唯々諾々/矮子看戯/吠影吠声/後塵を拝する/付鳳/追従/追随/あやかる/後追い/後続/後に従う/顰みに倣う/靡く/亜流/エピゴーネン/追随者/模倣者/狗尾続貂/続貂之譏/続貂/曲学阿世/世に阿る/時に従う/ミーハー/かぶれる/流行りに乗る/流行を追う/流行に乗る/お先棒を担ぐ/御多分連/同じて和せず/尻馬に乗れば落ちる

関連リンク

TOP