メンチカツ

メンチカツの意味

メンチカツとは、のひき肉と玉ねぎのみじん切り、調味料を混ぜて練り合わせ、小判形や球形にして、小麦粉・溶きパン粉を付けてで揚げた料理。ミンチカツともいう。

メンチカツの由来・語源

メンチカツは日本で生まれた洋食で、この名前も和製英語である。
「メンチ」は、ひき肉を意味する英語「mince(ミンス)」が「ミンチ」となり、さらに転じた語で、ひき肉を意味する。
カツ」は、英語「cutlet」に由来する「カツレツ」の短縮形。
それぞれ変化した後の「メンチ」と「カツ」を合わせた語が、「メンチカツ」である。

メンチカツの語源は、はっきりしないとした説がないと言われることもある。
それは東京浅草の洋食店で「ミンスミートカツレツ(minced meat cutlet)」として販売されていたものが起源なので、その「ミンスミートカツレツ」が変化や省略によって、「メンチカツ」になったという複雑な変化説を持ち出すからである。
上記の通り、「メンチ」と「カツ」は別々に成立した語で、「メンチ」はひき肉の意味として単独でも使われる。
料理の起源と料理名の由来が同じところにあると決めつけるからおかしいのであり、変化の過程がはっきりした言葉を組み合わせただけなので、むしろ語源の中では単純過ぎる方である。

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。