コックピット/cockpit

コックピットの意味

コックピットとは、飛行機・ロケット・スポーツカー・レーシングカー・ヨット・カヌーなどの操縦席(室)。

コックピットの由来・語源

コックピットは、英語「cockpit」からの外来語。
「cock」は「にわとり」、「pit」は「囲い」で、コックピットは元々、囲いのある闘鶏場を指した。
そこから、小さな戦場や古戦場を表すようになり、第一次世界大戦中に、飛行機の操縦席を指すようになった。
上記と似た語源に、「pit」は闘鶏を行う際、対戦前のにわとりを伏せておくための「かご」のこととする説もある。
しかし、「pit」のみでも「闘鶏場」や「闘犬場」を意味することから、コックピットの語源は「闘鶏場」と考えるのが妥当である。

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。