暦/こよみ

意味

暦とは、一年の・週(七曜)・・祝祭日・干支・月齢・吉凶などを、日を追って記したもの。カレンダー

暦の由来・語源

暦は「日読み(かよみ)」が転じた言葉である。
「日」を「か」と読むのは、「二日(ふつか)」「三日(みっか)」などと同じ、「ひ」の交替形。
「読み」は「数える」を意味し、「日読み」で「日を追って数える」ことを意味する。
「かよみ」から「こよみ」の転は、「よ」の母音が「か」の母音に影響を与えたことによる。
720年の『日本書紀』には、朝鮮半島から渡来した暦博士によって暦が初めて作られ、持統四年の勅令で暦法が公式に採用されたと記されている。

「暦」の類語・言い換え

1

2

TOP