とどのつまり

とどのつまりの意味

とどのつまりとは、結局のところ。行き着くところ。多く、思わしくない結果に終わった場合に用いられる。

とどのつまりの由来・語源

とどのつまりの「とど」の語源は諸説あるが、一般にはボラのことと言われる。
ボラは成長するにつれて名前を変える出世魚で、「ハク」「オボコ(クチメ)」「スバシリ」「イナ」「ボラ」といろいろな呼び名に変化していき、最終的には「トド」になる。
色々な名前で呼ばれても、最終的には「トド」になることから、「トドの詰まり」で「結局のところ」を意味する「とどのつまり」という言葉が生まれたというものである。

しかし、雑学としては面白いため伝えられやすい説だが、「止め」「止まり」の「とど」に「詰まり」が付いたとする説の方が有力である。
魚の「トド」も、「止め(とどめ)」の意味から命名されたと考えられている。
「つまり」のみでも「結局」を意味するため、魚のトドに関係なく、「つまり」を強調するため「止め(行き着くところ)」の意味で「とど」が付き、「とどのつまり」になったと考えるのが自然である。
歌舞伎ト書きでは、多く「結局」の意味で「とど」が使われており、これを「とどのつまり」の略ではなく、「止め」の「とど」という見方もされている。

その他、18世紀末の『玉菊灯籠弁』には「十どのつまりは居候」の例があるため、最終を「十(と)」とする説もあるが、『玉菊灯籠弁』は洒落本なので、「十」は洒落で当てられた当て字とも考えられる。

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。