偕老同穴/かいろうどうけつ

意味

偕老同穴とは、夫婦が仲むつまじく、契りが固いこと。「偕老同穴の契りを結ぶ」と使う。

偕老同穴の語源・由来

偕老同穴は、『詩経』の「と偕(とも)に老いん(偕老)」と「死すれば則ち穴を同じくせん(同穴)」という二つの誓いの言葉を合わせたもの。
「偕老」は、「生きているはともに老い」の意味。
「同穴」は、「死んでからは同じに入る」の意味。
この二つを合わせた「偕老同穴」は、夫婦が仲むつまじく固く結ばれていることを表す。

偕老同穴の類語・言い換え

偕老の契り/同穴の契り/挙案斉眉/鴛鴦/鴛鴦の契り/比翼連理/比翼の鳥/連理の枝/天に在らば比翼の鳥、地に在らば連理の枝/琴瑟/琴瑟相和す/琴瑟相和/琴瑟調和/鳳凰于飛/形影相伴う/形影一如/形影相伴/関関雎鳩/関雎之化/おしどり夫婦/仲睦まじい/睦まじい/睦まやか/ちんちんかもかも

関連リンク

TOP