偕老同穴/かいろうどうけつ

偕老同穴の意味

偕老同穴とは、夫婦が仲むつまじく、契りが固いこと。「偕老同穴の契りを結ぶ」や「偕老の契り」と使用される。

偕老同穴の由来・語源

偕老同穴は、『詩経』の「と偕(とも)に老いん(偕老)」と「死すれば則ち穴を同じくせん(同穴)」という二つの誓いの言葉を合わせたもの。
「偕老」は、「生きているはともに老い」の意味。
「同穴」は、「死んでからは同じに入る」の意味。
この二つを合わせた「偕老同穴」は、夫婦が仲むつまじく固く、結ばれていることを表す。

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。