地団駄を踏む/じだんだをふむ

意味

地団駄を踏むとは、怒ったり悔しがったりして、激しく地面を踏むこと。「地団太を踏む」とも書く

地団駄を踏むの由来・語源

地団駄を踏むの「地団駄」は、「地踏鞴(じだたら)」が変化した語。
「たたら(踏鞴)」は、で踏んで金属の精錬・加工に必要な空気を送り込む大型の送風器のこと。
激しく地面を踏み鳴らすさまが、「たたら」を踏む姿に似ていることから「地踏鞴(じだたら)」と言うようになり、「地団駄(じだんだ)」に転じた。
「じんだらを踏む」「じんだらをこねる(地団駄を踏んで反抗する・駄々をこねる)」など、「地団駄を踏む」に似た方言が各地に点在するが、これらも「地踏鞴(じだたら)」が変化したことによる。
なお、同じ「たたら」を踏む姿から生じた言葉でも、「たたらを踏む」と言えば、から足を踏むことを意味する。

たたら(踏鞴)

たたら(踏鞴)


TOP