緑寿/ろくじゅ

意味

緑寿とは、数え年で66歳の祝い

緑寿の由来・語源

緑寿は、還暦など他の長寿の祝いとは異なり、2002年9月に日本百貨店協会が提唱したものである。
一般的な定年が60歳から65歳、つまり数え年で66歳になったが、まだ介護が必要でもなく、現役世代と高齢世代の節目となる年齢で、新たな社会活動への参画を促すスタートラインに位置づけられた。
21世紀が「環境の世紀」といわれることから「」をイメージし、66歳なので「緑緑寿」となるところを簡潔に「緑寿」としたものである。

「緑寿」の類語・その他の長寿祝い

1

2

TOP