皇寿/こうじゅ

意味

皇寿とは、数え年で111歳。また、その祝い川寿。天子の年齢。

皇寿の語源・由来

皇寿は、まず「皇」の字を分解すると、「」と「王」に分けられる。
「白」は「白寿」と同じく、「百」の字の一番上にある「一」を取ると「白」の字になることから、100-1で99になる。
「王」を分解すると、「十」と「二」にで12なる。
99+12で111になることから、111歳を「皇寿」と呼ぶようになった。
他の長寿の名称に比べ、皇寿だけ難解な由来となっているのは、天子の年齢を表す「皇寿」を元び年齢の名称が作られたためと考えられる。
皇寿の祝い方は、基本的に還暦同じだが、百歳を超えた祝いには基調色が決まっていないため、皇寿には特に決まったがあるわけではない。

皇寿の類語・言い換え

数え年111歳の皇寿

川寿/賀寿/寿賀/年賀/長寿祝い/年祝い/万寿/賀の祝い/算賀

天子の皇寿

宝暦/宝算/宝寿/聖寿/聖算/叡算/鳳暦

その他の長寿祝い

還暦華甲/華寿/華年/緑寿古希喜寿傘寿半寿盤寿/漆寿/米寿卒寿/星寿/珍寿/白寿/百寿/紀寿/茶寿川寿/頑寿/昔寿/大還暦

TOP