茶寿/ちゃじゅ

    意味

    茶寿とは、数え年で108歳。また、その祝い

    茶寿の由来・語源

    茶寿は、「茶」の字の冠を二つの「十」に分解して「二十」、下が「八十八」に分解でき、20と88を足すと108になることから、108歳を呼ぶようになった。
    茶寿の祝い方は、基本的に還暦同じだが、百歳を超えた祝いには基調色が決まっていないため、茶寿だから茶というわけではなく、緑茶のようなでもない。

    「茶寿」の類語・その他の長寿祝い

    1

    2

    コチラもおすすめ

    TOP
    テキストのコピーは禁止しています。