水菓子/みずがし

水菓子の意味

水菓子とは、果物

水菓子の語源・由来

本来、菓子は「果物」を指したが、「食事以外の全ての間食」を広く意味する言葉となった。
そのため、現在「菓子」と呼ばれるような嗜好品と「果物」を区別するために、果物には「」を付け加えて、「水菓子」と呼ぶようになった。
しかし、菓子が「食事以外の全ての間食」を意味する言葉だったことも忘れられ、「水菓子」の語を用いなくとも「果物」で済むようになっため、「水菓子」は菓子の種類と誤解されるようになってきた。
そして、水羊羹ところてん、わらび餅、ゼリー、ババロアなど、みずみずしい菓子類や、アイスキャンディーやシャーベットなど、水分を凍らせて作る菓子を「水菓子」と呼ぶことが多くなっている。

水菓子と誤解されている和菓子

水菓子と誤解されている和菓子

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。