サイダー/cider

サイダーの意味

サイダーとは、炭酸水にクエン酸や砂糖・果実風味の香料などを加えた清涼飲料水。

サイダーの語源・由来

サイダーは英語「cider」からであるが、英語では「リンゴ酒」や「アップルジュース」の意味。
「cider」は、ヘブライ語の「強い酒」に由来する。

ciderには、リンゴの果汁を発酵させる「hard cider」と未発酵の「sweet cider」がある。
この飲み物が「sweet cider」に似ていることから、日本では「サイダー」と名付けた。
日本の「サイダー」にあたるものを英語では、「soda pop」や「soda」という。

明治初頭、中国人よって日本で最初に製造され、横浜扇町の秋元己之助が工業化した「金線(シャンピン)サイダー」が、ラムネを超える人気の清涼飲料水となった。

【関連リンク】
サイダーのカロリー・栄養成分表
「ラムネ」「サイダー」「ソーダ」の違い

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。