麒麟児/きりんじ

    意味

    麒麟児とは、優れた才能を持ち、将来大物になると期待される少年。神童。

    麒麟児の由来・語源

    麒麟児は、文字通り「麒麟(児)」である。
    ただし、ここでの麒麟は中国の伝説上の動物でのことで、首の長い哺乳類のキリンのことではない。
    古く中国では、聖人が出て国が治まると麒麟が現れるという言い伝えがあった。
    言い換えれば、麒麟は聖人に値し、麒麟の子は聖人の幼少期である。
    そのようなことから、幼い頃から天才的な才知・技芸を発揮し、将来が有望とされる少年を「麒麟児」と持て囃すようになった。

    コチラもおすすめ

    TOP
    テキストのコピーは禁止しています。