タラ/鱈/たら

タラの意味

タラとは、タラ目タラ科のの総称。日本近海にはマダラ・スケトウダラ・コマイがいる。単に「タラ」といえば、ふつう「マダラ(真鱈)」を指す。

タラの由来・語源

タラの語源には、切っても身がいことから「血の足らぬ」の「たら」の意味。
まだら模様になっていることから、「マダラ」の「マ」が脱落したという説。
漢字で「大口魚」とも書くように大食漢なので、「たらふく」の語源と同じく「足る」の意味や、「ふとはら(太)」の意味など、多くの説がある。
この中で有力とされているのは「斑」の説で、魚は正式名称になると「真」の意味で「マ」が頭につけられるが、タラの場合は「マダラ(斑)」が「真ダラ」と誤解され、「タラ」が総称になったといわれる。

タラの漢字の「鱈」は、「魚」+「」で「に多く獲れる魚」という意味。
もとは国字であるが、現在では中国でも使われている。

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。