因果/いんが

    意味

    因果とは、原因と結果。また、その関係。悪行の報い。不運な巡り合わせ。

    因果の由来・語源

    因果は仏教語で、「原因と結果」を意味するサンスクリット語「hetu-phala」の漢訳。
    仏教では、よい行為(善因)には善い報い(善果)が生じ、悪い行為(悪因)には悪い報い(悪報)が生じることをいう。
    特に、前世や過去の悪業によって、現在の不幸があるとする考えをいうことから、因果は悪行の報いや、不幸、不運の意味で用いられることが多くなった。

    コチラもおすすめ

    TOP
    テキストのコピーは禁止しています。