コウイカ/甲烏賊/こういか

コウイカの意味

コウイカとは、コウイカ科のイカ。胴長約16センチ。肉が厚く、刺身・するめなどにする。ハリイカ。スミイカ。マイカ。

コウイカの語源・由来

コウイカは、外套膜内部の背側に、「舟」と呼ばれる舟形をした石灰質の甲をもつことから付いた名。
この甲は、貝殻の痕跡といわれる。

コウイカの墨は絵具にされ、コウイカのラテン語名は「セピア」の語源になっている。

1

2

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。