別嬪/別品/べっぴん

意味

べっぴんとは、美女。美人。特別によい品。

べっぴんの語源・由来

べっぴんは「普通の品物とは違う」「特別によい品物」の意味として使われていた語で、江戸時代の歌舞伎脚本にも「別品」の表記が見られる。
本来、「別品」は品物だけを指す言葉であったが、優れた人物も意味するようになり、女性に限らず男性にも用いられた。
やがて、女性の容姿のみを指すようになり、それに伴ない、高貴な女性を意味する「嬪」が当てられ、「別嬪」とも書かれるようになった。
明治初期になると、美人を意味する「べっぴん」には、「別嬪」の漢字表記が多く用いられるようになった。
当て字好きの夏目漱石は「別嬪」を使い、二葉亭四迷は初期頃の作品で「別嬪」を用いていたが、後に「別品」を使うようになるなど、作家によって使う漢字は様々である。
なお、美人の意味では「別嬪」と「別品」の二通りの表記があるが、特別によい品の意味では「別品」のみである。

べっぴんの類語・言い換え

美人の別嬪

べっぴんさん/美人/美女/佳人/麗人/佳麗/淑人/美君/美形/美色/ビューティー/美婦/美玉/美し女/器量好し/蛾眉/青蛾/紅裙/蝉鬢/明眸/上玉/上物/尤物/名花/顔佳花/解語の花/物言う花/妖花/妖姫/品者/綺麗首/腰細/細腰/太液の芙蓉/芙蓉の顔/月の色人/弁天/天女/傾国/傾城/国色/立てば芍薬座れば牡丹歩く姿は百合の花/とんだ茶釜/人殺し/男殺し/袋持ち/シャン/とてシャン/バックシャン/色女/濡れ者/美少女/大和撫子/小町/小町娘/今小町/マドンナ/瓜実顔/小顔/富士額/容姿端麗/一顧傾城/一顧傾国/傾国美女/傾国美人/傾城傾国/絶世独立/天姿国色/羞花閉月/羞月閉花/閉月羞花/沈魚落雁/落雁沈魚/明眸皓歯/皓歯明眸/朱唇皓歯/朱脣榴歯/曼理皓歯/蛾眉皓歯/紅口白牙/宛転蛾眉/曲眉豊頬/豊頬曲眉/氷肌玉骨/氷姿玉骨/仙姿玉質/仙姿玉色/淡粧濃抹/粉粧玉琢/窈窕淑女/天香国色/国色天香/国艶天香/魏紫姚黄/小家碧玉/深窓の佳人

よい品の別品

上玉/上物/尤物/お宝/逸品/絶品/一品/優良品/一級品/高級品/極上品/上等品/最高の品/最上の品/極上の品/名品/上品/良品/佳品

TOP