手玉に取る/てだまにとる

    意味

    手玉に取るとは、自分の思い通りに動かすこと。翻弄する。

    手玉に取るの由来・語源

    手玉に取るの「手玉」は、小さな布袋に小豆などを入れたもので、が遊びに使った「お手玉」のこと。
    曲芸師が手玉を自由自在に扱ったところから、手玉を投げてもてあそぶように、人を自分の思うままに操ることを「手玉に取る」と言うようになった。

    コチラもおすすめ

    TOP
    テキストのコピーは禁止しています。