シリヤケイカ/尻焼烏賊/しりやけいか

意味

シリヤケイカとは、コウイカ科のイカ。胴長約15センチ。東京湾以南に多く分布。食用。

シリヤケイカの語源・由来

シリヤケイカには、胴の腹面後端に液を出す尾腺がある。
の後半部分は、尾腺から分泌される赤褐色の液で汚れており、尻が焼けたように見えることから「シリヤケイカ」の名が付いた。

シリヤケイカの別名・類語

シリクサリ/ゴマイカ/スミイカ/ハリナシコウイカ/マイカ/イカ

TOP