火の車/ひのくるま

意味

火の車とは、家計・経済状態が非常に苦しいこと。

火の車の語源・由来

火の車は、仏教語「火車(かしゃ)」を訓読みした語。
火車は火の燃え盛ったで、極卒のが生前に悪行を働いた者を乗せて地獄へ運び、責め苦しめるといわれる。
火の車に乗せられた者は、酷い苦しみを味わうことから、苦しい経済状態を表すようになった。
家計が苦しい意味で「火の車」と言うようになったのは、苦に満ちた世界娑婆)を、火事にあった家にたとえた仏教語「火宅」と関連付けられたともいわれる。

TOP