赤字/あかじ

意味

赤字とは、支出が収入を上回ること。欠損。

赤字の由来・語源

赤字は、簿記で不足額・欠損額を記入する際、で書き入れることから、欠損を言うようになった。
「赤字」を略して、「赤」とも言う。
この語が使われ始めた時代は定かではないが、広く使われるようになったのは、大正から昭和初期にかけてである。


TOP