ケンサキイカ/剣先烏賊/けんさきいか

ケンサキイカの意味

ケンサキイカとは、ヤリイカ科のイカ。胴長約35センチ。ヤリイカに似るが、が太くて長いが厚く、生食やするめにする。アカイカ。ゴトウイカ

ケンサキイカの由来・語源

ケンサキイカは、胴()が細長く、剣先のように尖っていることから付いた名前
ケンサキイカを使った「剣先するめ」は「一番するめ」と呼ばれ、するめの最高級品である。

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。