箍が緩む/たががゆるむ

    意味

    箍が緩むとは、緊張がゆるんだり、をとって鈍くなる。締りがなくなる。規律がゆるむ。

    箍が緩むの由来・語源

    箍が緩むの「箍(たが)」とは、などを裂いて編んだ輪のことで、桶や樽などの周囲にはめ、堅く締めかためるために用いられる。
    この箍が緩むと胴がバラバラに分解されてしまうことに喩え、感覚が鈍ったり、気持ちや規律が緩むことを「箍が緩む」と言うようになった。

    樽のタガ

    樽のタガ

    コチラもおすすめ

    TOP
    テキストのコピーは禁止しています。