お辞儀/おじぎ

意味

お辞儀とは、を下げて礼をすること。頭を下げて挨拶すること。

お辞儀の由来・語源

お辞儀の「お」は、接頭語の「御」。
お辞儀の語源は、物事を行うのにちょうど良い時期を意味する「時宜(じぎ)」で、「辞儀」の表記は江戸時代からである。
平安時代には本来の意味で使われていたが、鎌倉・室町時代には様々な意味で使われるようになった。
「ちょうど良い時間・頃合」の意味から、「時間」の意味が希薄になり、お辞儀は「物事が成立するのにちょうど良い状況・事態」の意味となった。
さらに、「状況に対する考えや気持ち」「状況を見極めて対処すること」を意味するようになった。
考えや気持ちなどを表す用法から、積極的に物事に関わる意向の意味が派生し、この意向が他人への配慮や心配になり、中世末期には、お辞儀が挨拶の意味になった。
お辞儀が挨拶に伴って頭を下げる動作の意味に限定されるのは、江戸時代後期からである。

【関連リンク】
「お辞儀」と「会釈」の違い


TOP