千鳥足/ちどりあし

意味

千鳥足とは、左右の足踏みがジグザグになるような歩き方。特に、酔っ払ったのよろめいた歩き方。

千鳥足の由来・語源

千鳥足は、千鳥の歩き方に由来する。
通常、鳥のには後ろにも支えるがあるが、千鳥の指は前三本で後ろに指がないため、左右のバランスを取るため、左右の足が交差するように内股で歩く。
その左右ジグザグに歩く姿にたとえて、「千鳥足」と言うようになった。
中世にはの足並みが乱れることも「千鳥足」と言ったが、これは千鳥の足運びではなく、飛ぶ姿に似ていることから。もしくは、馬の足が千鳥の羽音が似ていることからといわれる。


TOP