ダルマ/達磨/だるま

だるまの意味

だるまとは、中国禅宗の始祖、菩提達磨の座禅姿を模して作った張り子の人形。倒してもすぐ起き上がるように作られていることから、商売繁盛・開運出世などの縁起物とされる。起き上がり小法師(こぼし)。

だるまの由来・語源

だるまは、サンスクリット語「Bodhi-dharma」の音写「菩提達磨」の略で、「dharma」の原義は「法」を意味する。
のない玩具(置物)としての「だるま」が作られたのは、菩提達磨(円覚大師、達磨大師とも)が、魏の嵩山(すうざん)にある少林寺で面壁九年を行い、その座禅によって手足が腐ったという伝説からといわれる。
日本では、底に重りをつけただるまが愛好され、何度も起き上がるという連想から、江戸中期以降に「七転び八起き」の縁起物として信仰されるようになった。
全体にく塗らただるまが基本的なものであるが、これは菩提達磨の衣を着ていたことに由来し、赤は古くから魔除けの色とされていたことにも通ずる。
願い事ができたにだるまの片目をで塗り、達成したらもう一方のを塗る風習は、養蚕農家が片目に墨入れをして願掛けをしたら、良い繭が出来たというが商人の間に広まったためといわれる。
また、だるまに目を入れる順序は正式には決まっていないが、左目を塗って祈願し成就したら右目を入れるのが一般的で、選挙の場合は右目から塗り、当選したら左目を入れるのが一般的とされる。

赤だるま

赤だるま

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。