きりたんぽ

意味

きりたんぽとは、秋田地方の郷土料理。炊きたてのをついて潰し、太いの串にちくわのように練りつけて焼いたもの。「比内鶏(ひないどり)」の地鶏スープを醤油味にし、鶏肉や野菜とともに煮る「きりたんぽ」が一般的だが、田楽風に味噌を塗って食べたりもする。

きりたんぽの由来・語源

きりたんぽは、「たんぽ槍」に由来する。
たんぽ槍とは、綿を丸めてで包んだ稽古用の槍で、単に「たんぽ」とも呼ぶ。
この食べ物の焼きあがった形がたんぽ槍と似ており、それを切って食べることから「きりたんぽ」と呼ばれるようになった。
「たんぽ槍」の説の中には、江戸時代に南部藩主が花輪地方を訪れ、料理の名を尋ねられたが名前がなかったため、「たんぽ槍」を連想して「きりたんぽ」と答えたというもある。
ただし、この話については、後世の作り話との見方もされている。

TOP