鈍間/のろま

    意味

    のろまとは、動作やの働きがにぶいこと。また、そのような

    のろまの由来・語源

    のろまは、江戸の人形遣い 野呂松勘兵衛が演じた間狂言の「野呂間人形(のろまにんぎょう)」に由来する。
    「野呂間人形」は平らでをし、愚鈍な仕草をする滑稽な人形である。
    のろまは、「野呂松」や「野呂間」とも書くことから、「野呂間人形」の説は有力と考えられる。
    また、「のろ」は速度や動きが遅いことを意味する形容詞「鈍し(のろし)」、「ま」は状態を表す接尾語「間(ま)」とする説もある。
    「のろのろする」など動作が遅いことには「のろ」が用いられるため、この説も有力とされている。

    コチラもおすすめ

    TOP
    テキストのコピーは禁止しています。