江戸前/えどまえ

江戸前の意味

江戸前とは、江戸近海。東京湾で獲れる新鮮な魚介類。江戸風の事物。

江戸前の由来・語源

江戸前は、文字通り「江戸の前方」のこと。
つまり、「江戸の前面にある」を指したことから、江戸の近海で獲れる新鮮な魚介類を「江戸前」と称するようになった。
そこから、浅草川や深川などで獲れるうなぎを「江戸前のうなぎ」と言うようになり、握りずしが人気を得るようになると、「江戸前寿司」と称するようになった。
「江戸前寿司」は、江戸前のをネタにすることから呼ばれるようになったものであるが、握りずしが江戸の発祥で「上方のすし」に対して「江戸風のすし」という意味が派生し、江戸風の事物、食の風味やの性質など江戸の流儀であるものも「江戸前」と言うようになった。

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。