氷/こおり

意味

氷とは、が氷点下の温度で固体になったもの。

語源・由来

氷は、動詞「凍る(こおる)」の連用形が名詞化した語。
「こおる(こほる)」は、水が凝り固まったものであることから、「こる(凝る)」「こごる(凝る)」に由来する。
古くは、水面に張ったものを「こおり(こほり)」と言い、氷の塊は「ひ」と言うことが多かった。
氷の元々の漢字は、氷の割れ目を描いた象形文字「冫(二水)」に「水」で「冰」と書いた。
その「冰」が略された字が、「氷」である。

別名・類語

アイス/寒花/氷柱/氷塊/氷体/氷片/雪氷/氷雪/氷霜/薄氷/薄ら氷/結氷/堅氷/砕氷/着氷/霧氷/樹氷/樹霜/粗氷/蓮葉氷/蝉氷/浮氷/流氷/初氷/夕氷/人造氷/製氷/フラッペ/かき氷/かち割り/ぶっかき/削り氷/氷菓子/氷菓/アイスキャンディー/シャーベット

TOP
テキストのコピーはできません。