ナマコ/海鼠/なまこ

    意味

    なまことは、棘皮動物に属する海生動物の総称。は円筒形で、先端は多くの触手を伴なったがあり、後端は肛門。皮膚は柔軟だが小さな骨片が散在している。の物として生食するほか、いりこ(干物)、このこ(卵巣)、このわた(内臓の塩辛)などに加工される。

    なまこの由来・語源

    古くは単に「こ」と呼ばれており、のちに「なま」が付いて「なまこ」となった。
    「こ」は触ると小さく固まることから、またコリコリした食感から「凝」の意味であろう。
    なまこの「なま」は、ナメクジナマズと同じく「滑らか」とする説と、「生」の意味とする説があるが、皮膚にある骨片が「滑らか」とは言い難いため、なまこの「なま」は「生」の意味と考えられる。
    「生」の意味にも二説あり、ひとつは茹でて乾したなまこは「いりこ(煎りこ)」と言うことから、それに対して「生食」であることを示すために「生」が付け加えられたとする説。
    もうひとつは、なまこは再生力が強く、体を切ったても時間が経つと元へ戻ることから、「生きかえる」という意味の「生」とする説である。
    多くは「生食」の意味といわれるが、「生食」の意味であれば「生き物」としては「こ」と呼んだままになる。
    「なまこ」と呼ぶ場合は、「いりこ」や「このわた」などと同様に、「食品」の名として位置づけられているはずなので、「生きかえる」意味の「生」の方が良い。
    なまこが漁師の言葉から生まれたとすれば、再生力の強さと固まるところから、「凝」に「生きかえる」意味の「生」が付き、「なまこ(生凝)」になったとする方が自然と思われる。

    漢字の「海鼠」は、夜になるとネズミのように這い回ることからや、ネズミの後ろ姿に似ているから当てられたといわれる。

    コチラもおすすめ

    TOP
    テキストのコピーは禁止しています。