勘定/かんじょう

    意味

    勘定とは、物の数量や金銭を数えること。代金を払うこと。また、その代金。見積り。予測。

    勘定の由来・語源

    勘定の「勘」は「考える」、「定」は「決める」の意味。
    漢語では、「いろいろ考え合わせたあげくの結論」の意味で「勘定」が使われていた。
    古くは日本でも同様の意味で用いられたが、平安時代から物や金銭を数える意味が生じ、江戸時代に代金や見積りの意味でも「勘定」が使われるようになった。

    コチラもおすすめ

    TOP
    テキストのコピーは禁止しています。