カモ/鴨/かも

意味

カモとは、カモ目カモ科ののうち、が小さく、首があまり長くなく、雌雄で色彩の異なるもの。

カモの語源・由来

カモの語源には、「浮ぶ鳥」「浮む鳥」の略転「カモドリ」が略され、「カモ」になったとする説。
水上でを掻きもがくところから、「カキモガク」の略で「カモ」になったとする説。
やかましく鳴くところから、「やかましい」「かまびすしい」の「かま(囂)」が変化して「カモ」になったとする説など、諸説あり定かではない。
地方によっては「カモ」を「カモメ」と呼び、「カモメ」を「カモ」と呼ぶ地方もある。
このことから、古くは「カモ」と「カモメ」の区別が曖昧であったとの見方もあり、「カモメ」と同源で「かま(囂)」とも考えられる。
ただし、「カモメ」の語源には「カモの群れ」とする説もある。
「カモの群れ」の説が正しければ、同じ呼称になって当然なので、「カモメ」と同源という見方はできない。


TOP