ホトケノザ/仏の座/ほとけのざ

    意味

    ホトケノザとは、タビラコの異名。春の七草の一。

    ホトケノザの由来・語源

    ホトケノザは、が地面に張り付いたように重なり合い、円座形になっている。
    特に苗が小さな頃は、の台座に使われる開いたハスのの形に似ているところから、「仏の座」と名付けられた。
    なお、現在の標準和名は「タビラコ」で、「ホトケノザ」が標準和名となっているのは、シソ科オドリコソウ属のホトケノザである。
    ただし、春の七草のひとつとしてあげる際は、キク科のホトケノザ(タビラコ)を指しており、シソ科のホトケノザは食用に適していない。

    シソ科の「ホトケノザ」

    シソ科の「ホトケノザ」

    コチラもおすすめ

    TOP
    テキストのコピーは禁止しています。