身から出た錆/みからでたさび

意味

身から出た錆とは、自分の犯した悪行のために、自分自身が苦しむこと。

身から出た錆の語源・由来

身から出た錆の「身」は、の鞘に納まっている部分を指す「刀身」のこと。
刀の手入れを怠ると刀身から錆が出て、いざというに使い物にならず、自分の(身)を落とすことになる。
そこから、刀の「身」と自分自身の「身」を掛け、自分の犯した罪のために自分自身が苦しむことを「身から出た錆」と言うようになった。
また、刀身から出た錆は表面だけではなく、刀自体を腐らせてしまうので、その意味でも、取り返しがつかないことをしたという悔やみが込められた言葉である。

身から出た錆の類語・言い換え

刃の錆は刃より出でて刃を腐らす/我が刀で首切る/爾に出ずるものは爾に反る/平家を滅ぼすは平家/六国を滅ぼす者は六国なり/自分で撒いた種/自分で自分の首を絞める/自業自得/自業自縛/自縄自縛/自爆/墓穴を掘る/悪因悪果/天に唾する/天に向かって唾を吐く/天を仰いで唾する/仰いで唾を吐く/寝て吐く唾は身へかかる/泥を打てば面へはねる/お天道様に石/因果応報/因果覿面/因果歴然/因果は巡る/悪事身にとまる/悪事身に返る/狩人罠にかかる/報い/祟り/罰当たり/罰が当たる/仏罰をこうむる/神罰が下る/悪報/応報/業報/業果/人を呪わば穴二つ/人を祈らば穴二つ/人を祟らば穴二つ/人を呪えば身を呪う/人を憎むは身を憎む/人を謀れば人に謀らる/人を傷る者は己を傷る/剣を使う者は剣で死ぬ/剣を執る者は剣で亡ぶ/人捕る亀は人に捕られる

関連リンク

TOP