ムレスズメ/群雀/金雀花/むれすずめ

    ムレスズメの意味

    ムレスズメとは、マメ科の落葉低木。中国原産。は2対の4小葉からなる羽状複葉。黄色から黄色に変わる蝶形のが葉腋に下垂して咲く。

    由来・語源

    ムレスズメは、蝶形の花が斜め下向きにたくさん咲き、群れたスズメのように見えることからの名。
    「金雀花」は中国名で、花を金色のスズメとたとえたもの。
    日本へは江戸時代に伝来した。

    コチラもおすすめ

    TOP
    テキストのコピーは禁止しています。