求肥/ぎゅうひ

意味

求肥とは、白玉粉を蒸し、砂糖と水飴を加えて練り固めた和菓子の材料。求肥飴。求肥糖。

求肥の由来・語源

昔の求肥は、もち米の玄米で作られていたため浅黒く、をなめしたように柔らかいことから「ぎゅうひ」と呼ばるようになり、漢字では「牛皮」や「牛肥」と書かれた。
日本では仏教思想によって獣肉食を嫌ったことから、「牛」の漢字を忌み嫌い、「求肥」と表記するようになった。
求肥は平安時代に唐から伝わったもので、中国では「牛脾」と書き、祭祀に用いられた。


TOP