四股/しこ

四股の意味

四股とは、相撲力士が両足を開きをそえて構え、を交互に高く上げて、力強く踏みおろす一連の動作。

四股の由来・語源

漢字の「四股」は当て字で、「醜(しこ)」を語源とする説が有力である。
「醜」は醜く良くないことの意味もあるが、古くは強く恐ろしいことや頑丈なことを意味したことから、一連の動作を「醜足(しこあし)」といい、略されて「しこ」となったという。
その他、「肉凝(しこる)」の意味からといった説もある。

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。