唐変木/とうへんぼく

意味

唐変木とは、気のきかない、わからず屋を罵っていう語。

唐変木の語源・由来

唐変木は、近世以降見られる語。
語源ははっきりとしないが、漢字表記の「唐変木」を元に、唐(中国)から伝わった風変わりなの意味に由来する説がある。
センダンやセンダン科の香椿(チャンチン)を「唐変木」と呼ぶ方言もあり、元々は木を指した言葉であった可能性は高い。
風変わりな木の意味から、分かるはずのことが分からない人を意味するようになったのは、当時、道理の分からない人を罵って言った「唐人」と重ね合わせられたものと考えられる。

唐変木の類語・言い換え

人間の唐変木

わからず屋/朴念仁木偶の坊ぼんくらポンコツたわけ者/馬鹿者/バカタレ/バカチン/あほたれ/あほんだら/あほだら/馬鹿阿呆あんぽんたん/おたんこなす/おたんちん/間抜け/とんま/愚か者

センダンの唐変木

センダン/アフチ/アウチ/オオチ/オウチ/アミノキ/楝木/雲見草/千珠/金鈴子/苦楝子/川楝子/苦楝皮

TOP