伊丹市/いたみし

意味

伊丹市とは、兵庫県の南東部に位置する市。成立は昭和15年。

伊丹市の語源・由来

伊丹の名は、平安末期に「伊多美」で見え、鎌倉時代以降「伊丹」と記すようになるが、奈良時代には「板見」と記した例もある。
応神天皇の時代、呉の国から織姫が渡来し、機織りや裁縫の技術を伝えたといわれる。
このことから、「糸を績む土地」の意味で「糸績(いとうむ)」が転じて「いたみ」になった説や、機織りのために養蚕が盛んだったことから、クワ科の植物「イタビカズラ」の古名「イタビ(木蓮子)」が転じたなど、伊丹の由来には機織りに関連づける説がある。

その他、細く入り組んだ入江の奥にある土地の意味で、「糸(いとうみ)」の転訛。
猪名川の南北に架けられた板のに由来し、「イタカミ(板上)」の転訛。
川沿いの崩れやすい所の意味で「イタ(崩壊地形)・ミ(接尾語)」や、段丘の上の意味で「イタ(崩壊地形)・カミ(上)」の転など、伊丹の由来には多くの説がある。

伊丹市のシンボル

市のクスノキ
市のツツジ
市のカモ

兵庫県の市区町名

神戸市/神戸市東灘区/神戸市灘区/神戸市兵庫区/神戸市長田区/神戸市須磨区/神戸市垂水区/神戸市北区/神戸市中央区/神戸市西区/姫路市尼崎市明石市西宮市/洲本市/芦屋市/相生市/豊岡市/加古川市/赤穂市/西脇市/宝塚市/三木市/高砂市/川西市/小野市/三田市/加西市/丹波篠山市/養父市/丹波市/南あわじ市/朝来市/淡路市/宍粟市/加東市/たつの市/猪名川町/多可町/稲美町/播磨町/市川町/福崎町/神河町/太子町/上郡町/佐用町/香美町/新温泉町

TOP