マカロン/macaron

意味

マカロンとは、卵白・砂糖・アーモンド粉を混ぜ合わせたものを絞り袋に入れ、半球状に絞り出して焼き、クリームを挟んだ菓子

マカロンの語源・由来

マカロンはフランスを代表する洋菓子だが、名前はイタリア語で「練った生地を切った」を意味する「maccherone(マッケローネ)」に由来し、パスタの「マカロニ」と同じ語源である。
マカロンの原型となった菓子は、8世紀にイタリアのベネチアで、修道僧のへそを模して作られた「マッケローネ」だったといわれる。
16世紀、フィレンツェの富豪のであるカトリーヌ・ド・メディシスが、フランス王アンリ2世に嫁いだことで、フランスに伝わった。
フランスに伝わった当時は、パスタとお菓子の区別なく「マッケローネ」と呼ばれていたが、17世紀に入って、パスタは「マカロニ」、お菓子は「マカロン」と区別して呼ばれるようになった。

マカロンの別名・類似食品

マコロン/マキャロン/マカロン・パリジャン/マカロン・ムー/マカロン・ジェルべ/マカロン・リス/アマレッティ/トゥンカロン/まころん/クッキービスケット

TOP