ポンコツ/ぽんこつ

ポンコツの意味

ポンコツとは、老朽化したり、破損した物。中古品や廃棄物。

ポンコツの由来・語源

ポンコツの語源には、「拳骨げんこつ)」を聞き間違えたとする説と、「ポン」と「コツ」という擬音語(擬声語)説がある。
古く、ポンコツは拳骨で殴ることを意味した言葉であるため、拳骨の説が有力と思える。
しかし、拳骨で殴る意味の「ポンコツ」は、拳骨で殴った時のからと考えられるため、どちらの説であったとしても、大元の語源は「ポン」と「コツ」という擬音語となる。
この語が世間一般に広まったのは、昭和34年の阿川弘之の新聞小説『ポンコツ』にある「ぽん、こつん。ぽん、こつん。ポンコツ屋は、タガネとハンマーで、日がな一日古自動車を叩きこわしている」という一節よる。
これらのことを総合すると、「ポン」と「コツ」という擬音から、拳骨で殴る意味の「ポンコツ」が生じた。
拳骨で殴る意味から、ポンコツは自動車をハンマーで解体する意味にも使われ、老朽化した自動車を「ポンコツ車」と呼ぶようになった。
さらに、廃棄物や中古品のことも「ポンコツ」というようになった、とするのが自然である。
現代では、廃棄物や老朽化した物よりも、ダメ人間を「ポンコツ」と呼ぶことのほうが多い。

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。