気の毒/きのどく

意味

気の毒とは、他人の不幸や苦痛などに同情すること。他人に迷惑をかけて申し訳なく思うこと。

気の毒の由来・語源

気の毒は、「の保養になること」「面白いこと」を意味する「気の」に対する語。
本来は「心の毒になること」「気分を害するもの」の意味で、自分の心や気持ちに毒となるものを「気の毒」と言った。
他人の不幸や苦痛に接した、自分のことのように思い心苦しくなることから、同情の意味で用いられ、主に相手の気持ちを言うようになった。
さらに、「気の毒なことをした」というように、迷惑をかけて申し訳なく思うことの意味でも用いられるようになった。


TOP