コハダ/小鰭/こはだ

コハダの意味

コハダとは、コノシロの10から15センチ程度のもの。の物や寿司種などにする。

コハダの由来・語源

コハダは、江戸前寿司では代表的な光り物で、体表が柔らかく光沢があって美しい
コハダの語源は、その体表を子供のようなに喩えた「子肌」の意味といわれる。
漢字「小鰭」の「鰭」は、「のヒレ」をいう古語「ハタ(鰭)」からの当て字である。

「コハダ」の別名・類語

1

2

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。