山車/だし

意味

山車とは、神社の祭礼のときに引く、種々の装飾を施した屋台。さんしゃ。

山車の由来・語源

山車は、屋台の鉾につけた竹籠の編み残し部分を垂れ下げて出してあり、その部分を「だし」と言ったことに由来する。
その他、を招き寄せるため外に出しておくことから、「出し物」とする説もある。
漢字で「山車」と書くのは当て字で、祭礼のときに、神の降りる「依り代」として小さな山を作っていたものが発展し、移動可能なとなったことから当てられたと考えられる。
関西では、「壇尻だんじり)」や「山(やま)」という。


TOP