バラ/薔薇/ばら

    意味

    バラとは、バラ科バラ属の総称。低木で主に観賞用として栽培される。

    バラの由来・語源

    バラは、「茨・荊・棘(イバラ)」の「い」が抜けた語。
    バラやカラタチなどトゲのある低木を「イバラ」と言うが、古くは「バラ」も同様の意味で使われていた。
    やがて、バラ属の植物を「バラ」、トゲのある低木の総称には「イバラ」というように、使い分けられるようになった。

    漢字の「薔薇」は、中国語の借用。
    古くは、音読みで「そうび」や「しょうび」と読まれることが多く、古今和歌集では「そうび」と詠われている。

    コチラもおすすめ

    TOP
    テキストのコピーは禁止しています。