手塩にかける/手塩に掛ける/てしおにかける

手塩にかけるの意味

手塩にかけるとは、自分で直接世話をして大切に育てること。

手塩にかけるの由来・語源

「手塩」の語は室町時代から見られ、元は膳の不浄を払うために小皿に盛って添えたのことであった。
のちに、食膳に添えられた少量の塩を「手塩」と呼ぶようになった。
食膳の手塩は、味加減を自分で調えるように置かれたものなので、人任せにせず、自らのをかけて面倒を見ることを「手塩にかける」と言うようになった。
世話をする意味で「手塩にかける」が使われるようになったのは、江戸時代からである。

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。