助六寿司/すけろくずし

助六寿司の意味

助六寿司とは、いなり寿司と巻き寿司を詰め合わせたもの。

助六寿司の由来・語源

助六寿司の「助六」は、歌舞伎十八番のひとつ。
「助六所縁江戸桜(すけろくゆかりのえどざくら)」の通称で、主人公の名前でもある「助六」に由来する。
助六の愛人は吉原の花魁で、その名を「揚巻(あげまき)」という。
「揚巻」の「揚」を油揚げの「いなり寿司」、「巻き」を海苔で巻いた「巻き寿司」になぞらえ、この二つを詰め合わせたものを「助六寿司」と呼ぶようになった。
一説には、助六がはちまきに巻くことから「巻き寿司」に見立て、揚巻を「いなり寿司」に見立てたともいわれる。
「揚巻寿司」ではなく「助六寿司」となった由来は、江戸っ子らしい洒落であえて「助六」の名を使ったとする説や、この演目の幕間に出される弁当であったからという説もある。
しかし、単に外題の「助六」からと考えても不自然ではない。

1

2

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。